物流システムの設計・開発

システム開発のご提案

日軽物流は物流サービスの一環としてシステム部門を設けております。
日本軽金属(株)グループ会社のみならず、様々な御客様へのニーズに合わせシステムを開発し、最適なサービスの提供に努めております。

効率よく、無駄なコストと時間を省き、お客さまに最大限のメリットを提供するためのシステムも自ら開発しています。
システム開発のご提案

当社では、倉庫システム、運送システムなど物流に欠かせないシステムを独自設計・開発・運用しています。

トータルな物流サービスのご提案

開発したシステムを活用し、お客様のシステムとのデータ連携など単なる輸送・配送だけでなくトータルな物流サービスのご提案をさせて頂いております。

開発事例1 出荷~納品までバーコードを利用して一元管理するシステム

当社では、出荷・輸送・納品までを、2次元バーコードで一元管理するシステムを開発しました。荷主より頂いた出荷情報を元に2次元バーコードを利用した出荷ピッキング、配送ラベルの発行を行います。2次配送拠点では出荷データの連携を行い、効率的な配送ルートの作成、送り状の発行、2次元バーコードを利用したデポ検品と納入先での納品検品を可能にしました。従来、人の目で検品作業していたものを2次元バーコードを利用したハンディーでの検品作業に替えたことにより誤出荷、誤配送の軽減に成功しました。

開発事例1 出荷~納品までバーコードを利用して一元管理するシステム

開発事例2 賞味期限を考慮した入出庫在庫管理システム

2次元バーコードの入った入庫ラベル食品・酒類の賞味期限を考慮した在庫管理を確実にできるように、入出庫でバーコードを利用したシステムを構築しました。入庫作業時に賞味期限を入力し、2次元バーコードの入った入庫ラベルを発行します。 出荷時には先入れ先出しで在庫が引き当たり、賞味期限から算出した出荷期限切れの商品は引当がかかりません。 ピッキング作業時は同じ商品であっても賞味期限が古いものからピッキングを行います。 間違った商品のバーコード読んだ場合はエラーになり誤出荷を防ぐことが出来ます。

入庫作業

開発事例2 賞味期限を考慮した入出庫在庫管理システム

ピッキング作業

開発事例2 賞味期限を考慮した入出庫在庫管理システム

パレット回収依頼

パレット回収フォーム WEBからのご依頼はこちら

080-154-856 お電話の回収依頼はこちら(平日8:45〜17:30まで)